頑張るピッチャーに捧ぐ!投手能力向上応援ブログ

野球で頑張っている投手のために、投げ方・トレーニング法・技術など色々な情報を書いていきます。

フォーム変更の前にチェック!サイドスローのメリット・デメリットとは?

スポンサーリンク

こんにちは。しんです。

 

今回はサイドスローのメリットとデメリットについて書きます。

 

f:id:epsboy:20190505172344j:plain

 

目次

 

メリット

コントロールがよくなる

f:id:epsboy:20190505172354j:plain

 サイドスローの場合、腕を横に振ってボールをリリースするので、他の投法と比べて高低のばらつきが少なくなりコントロールがよくなります。ストライクの取得率が上がることで無駄な四球を減らすことが出来ます。

また、高低のばらつきが少なくなることで、大きく上にそれたり、ワンバウンドで捕手が取れずにランナーが進塁するといった暴投のリスクも減ります。

 

ストレートに角度がつき、動きやすくなる

f:id:epsboy:20190505172303j:plain

(例)右投手:右打者の場合

サイドスローの投手がストレートを投げる際、ボールを離す位置は他の投法と比較して打者よりになります。

そのため、横の距離感が掴みづらく、打者からしてみればインコースにボールが向かってくる感覚とアウトコースが遠く感じる感覚は、他の投法のストレートよりも感じることになります。

 

さらに、腕を横に振って投げるためにボールの回転が横回転になりやすいので、打者の手元でボールが左右に変化したり、落ちてバットの芯を外して凡打になりやすくなります。

 

 横の変化球が投げやすい

f:id:epsboy:20190505172137j:plain

ボールの回転が横回転になりやすいので、スライダーやシュート、シンカー系の横に曲がる変化球は投げやすいです。

 

打者の感覚を変えることが出来る

 

f:id:epsboy:20190505172200j:plain

前の打席ではオーバースロー。次はサイドスローといったように違うタイプの投手が継投で登板することで、相手打者の感覚を狂わせ、打ち取りやすくすることが出来ます

 

1人のサイドスロー投手だけで発生するというメリットではないですが、チームで戦ううえでサイドスローの投手がいると、発生するメリットもあります。

 

デメリット

球速が出にくい

f:id:epsboy:20190505172317j:plain

上から下へ投げおろすオーバースローやスリークォーターと比べると、どうしても球速は出にくいです。

 

ただ、アンダースローよりは球速は出ます。

 

球種が少ない

f:id:epsboy:20190505172404j:plain

どうしても腕の振りが横振りで、球が横回転になるので縦に変化する変化球が投げにくいです。

そのため、サイドスローの投手はどうしても投げる球種が限定されてしまいがちになります。

 

球の出どころが見えやすい

 

f:id:epsboy:20190505172126j:plain

少し難しい技術ですが、ソフトバンクの和田投手や元阪神の星野投手のように、テイクバックを小さくしてリリースの瞬間までボールを見えないようにする投手がいます

 

しかし、サイドスローはテイクバックを大きく後ろに取った後に腕を横に振るため、体でボールを隠すことが難しいです

そうなると、打者はタイミングを取りやすくなります。

 

それが、右サイドハンド投手vs左打者。左サイドハンド投手vs右打者ではボールがさらに見えやすくなります。

 

 

 まとめ

f:id:epsboy:20190505142638j:plain

以上がサイドスローの大まかなメリット・デメリットになります。

 

しかし、同じサイドスローでも決め球や特徴などは人それぞれです。

 

自分をよく知って長所を伸ばし、短所を克服していくのが1番です。

 

 ↓ ブログ村ランキングに参加中。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村