頑張るピッチャーに捧ぐ!投手能力向上応援ブログ

野球で頑張っている投手のために、投げ方・トレーニング法・技術など色々な情報を書いていきます。

肉体改造の注意点〜その①〜

スポンサーリンク

こんにちは。しんです。

 

f:id:epsboy:20190519170419j:plain

今回は球速や飛距離アップに大きく関連する『肉体改造』について書こうと思います。

詳しく書くので、2回に分けて書きます。

 

野球はボクシングや柔道などと違い、体重制限がありません。

そのため、単純に考えて体の大きい人の方がパワーがあるのが当たり前で、圧倒的に有利です。

 

しかし、同じ筋力トレーニングをしても、筋肉が付く人もいれば、痩せてしまう人もいます。この差は一体なんでしょうか?

 

 目次

 

大切なのは、自分の消費カロリー

f:id:epsboy:20190519170534j:plain

まずはじめに知っておかないといけないのが、自分が1日にどれくらいカロリーを消費しているかです。

 

練習やトレーニングで消費カロリーよりも食事やプロテイン、サプリメントなどで摂取したカロリーが多いと体は大きくなります。

しかし、摂取したカロリーが少ない場合、体がエネルギーを作るために筋肉を破壊するので体が大きくなりません。

 

つまり

消費カロリー<摂取カロリー=筋肉が肥大化

消費カロリー>摂取カロリー=痩せる

ということを頭に覚えておかないといけません。

 

除脂肪体重

f:id:epsboy:20190506122924j:plain

1日の消費カロリーは

除脂肪体重 × 40kcal=1日の消費カロリー

という式で大まかな数字が算出することが出来ます。(正確な数字を出すにはとても複雑な式になります)

 

除脂肪体重って何?と思われた方がほとんどだと思いますが、単純に全体重から脂肪組織を除いたものになります。

 

そして、除脂肪体重は体重と体脂肪率が分かればすぐに知ることが出来ます

除脂肪体重が分かれば、消費カロリーも知ることが出来ます。

 

(例)体重60kg、体脂肪率15%の場合

60 ×(1-15/100)=51(除脂肪体重)

51 × 40=2,040kcal(消費カロリー)

となります。

 

今回のまとめ

肉体改造を行う場合は必ず

消費カロリー<摂取カロリー

になるようにしっかり食事やプロテインを飲むこと。

消費カロリー>摂取カロリー

になってしまうと、どんなにトレーニングを頑張っても体は大きくなりません。

 

以前プロテインについてまとめていますので、読まれていない方はそちらも目を通してみて下さい。

 

epsboy.hatenablog.com

 

 ↓ ブログ村ランキングに参加中。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村