頑張るピッチャーに捧ぐ!投手能力向上応援ブログ

野球で頑張っている投手のために、投げ方・トレーニング法・技術など色々な情報を書いていきます。

肉体改造の注意点〜その②〜

スポンサーリンク

こんにちは。しんです。

 

f:id:epsboy:20190519171354j:plain

今回は前回書いた肉体改造についての続きを書きます。

 

前回の記事を読んでいない方はまずそちらをお読み下さい。

 

 目次

 

カロリーの栄養バランス

f:id:epsboy:20190519171415j:plain

前回肉体改造するにあたって

消費カロリー<摂取カロリー

となることが重要と書きました。

 

それに加えて、肉体改造するにあたっては摂取する栄養バランスも重要になって来ます。

 

三大栄養素

たんぱく質・脂質・炭水化物

の3つが三大栄養素と言われています。

この3つのバランスを間違えても肉体改造は上手くいきません。

 

たんぱく質

たんぱく質は、体の肉や血を作るための栄養素です。

肉体改造するには、たんぱく質は除脂肪体重の2.2〜3倍量のグラム数摂取が必要です。

たんぱく質は1g=4kcalで計算します。

 

(例)その①の例で2.2倍量のたんぱく質摂取

51 × 2.2=112g

112g × 4=448kcal

 

脂質

脂質は摂取カロリーの10%が目安になります。

取り過ぎたり、取らなすぎたりしてはいけません。バランスが大切です。

 

(例)その①の例の場合

2,040kcal × 10%=204kcal

 

炭水化物

炭水化物は体を動かすエネルギーになる栄養素です。

先に書いた、たんぱく質・脂質の残りの部分が炭水化物になります。

 

(例)その①の例の場合

2,040kcal(摂取カロリー)-448kcal(たんぱく質)-204kcal(脂質)=1,388kcal

となります。

 

その①の例の場合

たんぱく質  448kcal

脂質             204kcal

炭水化物   1,388kcal

以上摂取することが必要になって来ます。

 

まとめ

f:id:epsboy:20190519171440j:plain

今回の内容は、計算式なども出てきてかなり難しい内容だったので、2回に分けて書かせて頂きました。

ただ食べるだけ、ただ鍛えるだけでは肉体改造は出来ません。

食べるものも鍛えるのも両方しっかり考えないと、せっかくトレーニングしても効果が少ししか得られないという結果になりかねません。

やるからには最大の効果を得るようにしましょう。

 

しかし、たんぱく質の除脂肪体重の2.2〜3倍量のグラム数摂取は食事だけでは難しいです。

そこで、プロテインの登場です。

プロテインの1番のメリットは、脂質を抑えてたんぱく質を摂取出来るというところです。

おすすめのプロテインについて以前書いているので、そちらを参考にして下さい。

 

epsboy.hatenablog.com

 

 ↓ ブログ村ランキングに参加中。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村