頑張るピッチャーに捧ぐ!投手能力向上応援ブログ

野球で頑張っている投手のために、投げ方・トレーニング法・技術など色々な情報を書いていきます。

みんなびっくり!ランナーを殺す牽制

スポンサーリンク

 

こんにちは。しんです。

 

f:id:epsboy:20190519164926j:plain

今回は、牽制について書きたいと思います。

牽制は正直地味ですが、ランナーの盗塁やスタートを遅らせる大事なものです。

 

 目次

 

 

牽制を素早く出来る方法

f:id:epsboy:20190519165134j:plain

牽制を素早くするには、ターンのスピードが重要です。

ターンのスピードを上げるには、フィギュアスケートのジャンプのように腕を体から離さないように回転しながらトップの位置に持って来ることで可能になります。

 

そこで…セットポジションの時のグラブの位置を胸の位置で静止させると、腕をトップの位置まで短い距離で体の近くを通すことが出来るので、すぐに牽制が上手になります。

 

牽制の裏ワザ

f:id:epsboy:20190519165020j:plain

少しレベルを上げた裏ワザです。

セットポジションに入る前のキャッチャーとサイン交換をしてる時に牽制を入れる。

という裏ワザです。

 

この技の1番のポイントは、

セットポジションに入る前の動作なので、絶対にボークにならない。

というところです。

要は、このタイミングでならどんな動きでも構わないので、自分が動ける最速の動きで牽制を行えるのです。

 

また、ランナーもサイン交換をしてるから、牽制はないだろうと、セットポジションに入った時よりも警戒心が薄れているはずです。

 

参考動画

西勇輝投手(阪神)

動画はオリックス時代のものです。

ある番組では、現役プロ野球選手の中で1番牽制のスピードが速い選手と紹介されていました。

 

動画では3回目の牽制でアウトを取るために、2回撒き餌のような牽制をしてます。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

まとめ

f:id:epsboy:20190519165255j:plain

牽制が上手に出来るのは大きな武器です。

相手が盗塁やエンドランを仕掛けてくる可能性が低くなるのはもちろんですが…

特に牽制でランナーをアウトにした時の相手チームに与えるインパクトは大きいものがあり、試合中の雰囲気を完全に自分のものにしてしまいます。

色々な引き出しがある選手は単純に強いです。

 

 ↓ ブログ村ランキングに参加中。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村