頑張るピッチャーに捧ぐ!投手能力向上応援ブログ

野球で頑張っている投手のために、投げ方・トレーニング法・技術など色々な情報を書いていきます。

球速UPトレーニング その③【ハムストリング】

スポンサーリンク

こんにちは。しんです。

 

今回は球速UPに直結する部位のトレーニングの第3回目になります。

 

今回は「ハムストリング」のトレーニングをご紹介します。

 

 目次

 

ハムストリングとは?

f:id:epsboy:20190612123830j:plain

そもそも、「ハムストリングとはどこ?」

と思われる方もいらっしゃると思います。

ハムストリングとは…「太ももの裏側」です。

正確には股関節から膝裏まで繋がっている「大腿二頭筋」「半膜様筋」「半腱様筋」の3つの筋肉をまとめた総称で、下半身の中でもとても大きな筋肉になります。

 

ハムストリングは股関節の動きに大きく関係してくる筋肉になります。

足を踏み出す動き、体を回転させる動き、プレートを蹴り上げる動きなどわずか数秒の投球動作の中でも実に多くの動きを股関節が担っています。

 

それほど、ピッチャーにとって重要な役割を担う筋肉になるのです。

 

筋力トレーニングで意識すること

くどいようですが…筋力トレーニングを行うことで1番意識することは、トレーニングの動作とフォームです。

回数も大切です。しかし、間違った動きやフォームで行うことで、本来得たい効果が得られにくくなる上にケガのリスクも出てきます。

間違った動きやフォームで数多く回数をこなすよりも、1回の正しい動作とフォームで行ったトレーニングの方が断然効果があります。

筋力トレーニングを行う際には、必ず正しい動作とフォームで行いましょう。

 

トレーニングメニュー

スクワット

ダルビッシュ投手が以前下半身を強化するには、走り込みをやめてスクワットをした方がいいと話していたことがありました。

とても一般的なトレーニングなので、部活などで1度は行ったことはあると思います。

 


【筋トレ】スクワットの正しいやり方とよくある間違いを詳しく解説! | Muscle Watching

 

ジャンプスクワット

スクワットを発展させたトレーニングです。

スクワットの動きにジャンプを組み合わせることで、下半身強化と同時に瞬発力の強化も見込めるトレーニングになります。

 


【スクワット上級者向け!】ジャンピングスクワットトレーニング

 

かなり負荷の大きいトレーニングです。

そして、アパートやマンションにお住まいの方は騒音に注意しましょう。

 

ブルガリアンスクワット

こちらもスクワットを発展させたトレーニングで、個人的に1番おすすめのトレーニングです。

椅子や低いテーブルなどに片方の足を乗せて、もう片方の足1本で行うスクワットです。

 

自重だけでも結構きついのですが、慣れてきて物足りなくなってきたらダンベルなど負荷をかけて行うことも可能です。

 


ブルガリアンスクワット女性実演!効果・回数・ダンベル重さ等やり方解説

 

まとめ

前述した通り、ハムストリングを鍛えることで、股関節の動きが強化されます。そのことから投手としての能力はもちろんですが、身体能力の向上も見込めます。

しっかり鍛えて、全ての能力向上を目指しましょう。

 

 ↓ ブログ村ランキングに参加中

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村