頑張るピッチャーに捧ぐ!投手能力向上応援ブログ

野球で頑張っている投手のために、投げ方・トレーニング法・技術など色々な情報を書いていきます。

サイドスローでシンカーを投げる方法

スポンサーリンク

 

 

f:id:epsboy:20190911123713j:image

 

シンカーを投げたい人

『サイドスローならシンカーを投げやすいと言われるけど、思ってたより難しいなぁ…。投げれるようになればピッチングの幅が広がるけど…投げ方にコツがあるのかな?』

 

 

こんな悩みに答えます。

 

 

本記事の内容

 

  • シンカーの握り方
  • シンカーの投げ方

 

 

私は高2のオフにオーバースローからサイドスローに転向しましたが、しばらくは左バッターによく打たれたことを覚えています。

 

 

しかしシンカーを投げるようになってから、左バッターがびっくりするような反応をするようになり、打たれにくくなりました。

 

 

今になって思うことは…

 

サイドスローで内外自由に変化させるとマジでやっかい

 

ということです。

 

 

そこで今回は、『サイドスローでシンカーを投げる方法』についてわかりやすく解説していこうと思います。

 

 

『シンカーを完璧に投げれるようになってやる!』っていう方は、記事をご覧ください。

 

 

シンカーを投げる手順

 

f:id:epsboy:20190911193324j:image

 

  • ①:シンカーの握り方
  • ②:シンカーの投げ方

 

 

①から順に解説していきます。

 

 

①:シンカーの握り方

 

f:id:epsboy:20190911191625j:image

 

シンカーの握り方は、ツーシームの握りを基本とします。

そしてツーシームよりも変化量を大きくし、球速を落とすために握りを少し変更します。

 

f:id:epsboy:20190911122925j:image


f:id:epsboy:20190911122933j:image


f:id:epsboy:20190911122928j:image

 

変更するポイントは3つです。

 

 

  • ①:人差し指と中指の左側に縫い目を当てるように少しずらす。
  • ②:親指の第1関節に縫い目を当てる。
  • ③:親指と人差し指の間にボールが付くくらい深く握る。

 

 

※左ピッチャーの場合、ポイント①は指を縫い目の右側に当てるようにずらします。

 

 

✔️変更ポイントの理由と狙いを解説します

 

 

上記した握り方を変更する理由と狙いは次の通りです。

 

 

  • ①の理由と狙い:回転をつけやすくする。
  • ②の理由と狙い:ボールを安定させる。
  • ③の理由と狙い:球速を落とす。

 

 

①の場所に人差し指と中指を置くと、リリースの時に指が縫い目にかかるので、ボールに回転をつけやすくなります。

 

 

親指を縫い目にかけるのは、ボールが抜けにくくするためです。サイドスローは遠心力の影響を受けやすいので抜けやすく、私はシンカーを投げ始めた時、コントロールに苦労したのを覚えています。

 

 

また、深く握ることで球速を押さえることができます。

 

 

②:シンカーの投げ方

 

f:id:epsboy:20190911191553j:image

 

シンカーの投げ方のポイントは3つです。

 

 

  • ①:腕の振りは卓球のスマッシュ。
  • ②:リリースの時に手の甲を上に向ける。
  • ③:ボールは中指と薬指のあいだから抜く。

 

 

特にポイントとなるのが、『①:腕の振りは卓球のスマッシュ』です。

 

 

数年前にシンカーで有名な高津投手が、焼き鳥屋で潮崎投手とばったり出会い、シンカーについて語り合ったとテレビで話をされていました。

そして『腕の振りは卓球のスマッシュ』というところで意見が一致したそうです。

 

 

ポイント①がうまくできれば②と③は動きの流れでクリアできると思います。

 

 

✔さらに詳しいシンカーの投げ方についての参考書籍をまとめておきます。

 

 

 

 
 
 
 

まとめ:サイドスローでシンカーが投げれる方法

 
f:id:epsboy:20190911192453j:image
 
記事のポイントをまとめます。
 
 
  • 握り方はツーシームの形から変化量を大きく、球速を落とすようにする。
  • 腕の振りは卓球のスマッシュを意識して投げる。

 

 

こんな感じです。

 

 

サイドスローのシンカーの握り方と投げ方を簡単にまとめてみました。
 
 
カーブやスライダーとうまく使いわけることで、バッターは『次は右にまがる?左にまがる?どっち?』と狙い球がしぼれなくなります。
 
 
そうなったらこっちの勝ちですね!
 
 
さらにシンカーを使った投球術については下記の記事をご覧ください。
 
 
 
今回は以上です。
 
 
 ↓ ブログ村ランキングに参加中
 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村