頑張るピッチャーに捧ぐ!投手能力向上応援ブログ

野球で頑張っている投手のために、投げ方・トレーニング法・技術など色々な情報を書いていきます。

オーバースローでスライダーを投げる方法

スポンサーリンク

 

f:id:epsboy:20190911193412j:image

 

スライダーを投げたい人

『スライダーは投げやすいと言われるけど、思ってたより難しいなぁ…。スピードの速い変化球があればピッチングの幅が広がるけど…投げ方にコツがあるのかな?』

 

 

こんな悩みに答えます。

 

 

本記事の内容

 

  • スライダーの握り方
  • スライダーの投げ方

 

私は中学の2年までストレートとへなちょこカーブだけの大したことないピッチャーでした。

 

 

しかし中2のオフにスライダーを覚えて投げるようになってから打たれたにくくなり、何校か『ウチに来ませんか?』とお話が来てびっくりしたのを覚えています。

 

 

今になって思うことは…

 

ストレートと同じようなスピードで変化させるとマジでやっかい

 

ということです。

 

 

そこで今回は、『オーバースローでスライダーを投げる方法』についてわかりやすく解説していこうと思います。

 

 

『スライダーを完璧に投げれるようになってやる!』っていう方は、記事をご覧ください。

 

 

スライダーを投げる手順

 

f:id:epsboy:20190912144935j:image

 

  • ①:スライダーの握り方
  • ②:スライダーの投げ方

 

①から順に解説していきます。

 

 

①:スライダーの握り方

 

f:id:epsboy:20190911195159j:image

 

スライダーの握り方は、ストレートの握りを基本としますが、少し変更します。

 

f:id:epsboy:20190911202641j:image


f:id:epsboy:20190911202636j:image


f:id:epsboy:20190911202632j:image

 

ポイントは3つです。

 

 

  • ①:指の長さにあわせて人差し指と中指の第1関節に縫い目を当てるように少しずらす。
  • ②:人差し指と中指はくっつける。
  • ③:ストレートと同じように浅く握る。

 

 

✔️変更ポイントの理由と狙いを解説します

 

 

上記した握り方を変更する理由と狙いは次の通りです。

 

 

  • ①の理由と狙い:回転をつけやすくする。
  • ②の理由と狙い:球速を落とさない。
  • ③の理由と狙い:②とおなじ。

 

 

①の場所に人差し指と中指を置くと、リリースの時に指が縫い目にかかるので、ボールに回転がかかりやすくなります。

 

 

②と③は『ストレートと同じ』ということに徹底します。バッターがボールを振る時までストレートと思わせて、

 

 

②:スライダーの投げ方

 

f:id:epsboy:20190911195221j:image

 

スライダーの投げ方のポイントは3つです。

  

 

  • ①:小指からリリース。
  • ②:腕の振りは空手チョップ。
  • ③:ストレートとおなじ感覚で投げる。

 

 

特にポイントとなるのが、『③:ストレートとおなじ感覚で投げる』です。

 

 

少し前にメジャーでも活躍した岩隈投手が、スライダーの投げ方を聞かれた時に、

 

 

  • ①:『スライダーは握りを変えて、ストレートとおなじ感覚で投げる。』
  • ②:『おなじ感覚で投げた時に、自分のストレートとスライダーの幅がわかればいい。』
  • ③:『バッターの近くで曲げようとする。』

 

 

と言われていました。

 

 

ポイント①は、ポイント②の空手チョップの動きを行った時に、小指から手が出てくるので、問題なくクリアできると思います。

 

 

✔さらに詳しいスライダーの投げ方についての参考書籍をまとめておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ:オーバースローでスライダーが投げれる方法

 

f:id:epsboy:20190911195248j:image


記事のポイントをまとめます。
 
 

  • 握り方はストレートの形から指の長さにあわせて縫い目に第1関節をかける。
  • 腕の振りは空手チョップの動き。
  • ストレートと同じように見せてバッターの近くで変化させる。

 

 

こんな感じです。

 

 
オーバースローのスライダーの握り方と投げ方を簡単にまとめてみました。
 
 
近年はスライダーといってもいろんな変化をするスライダーが出てきました。

しかし、スライダーの基本は『途中までストレートとおなじに見える』ことだと思います。

 

 

またオーバースローなら、サイドスローやアンダースローでは投げられない高速スライダーも投げれます。
 
 
ストレートと見分けがつかず、金属バットで打つと芯を外されて手がしびれる…木製バットはへし折られる…そんなスライダーを投げてください!
 
 
今回は以上です。
 
 
↓ ブログ村ランキングに参加中
 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村