頑張るピッチャーに捧ぐ!投手能力向上応援ブログ

野球で頑張っている投手のために、投げ方・トレーニング法・技術など色々な情報を書いていきます。

サイドスローでシュートを投げる方法

スポンサーリンク

 

f:id:epsboy:20190913055825j:image

 

シュートを投げたい人

『サイドスローならシュートを投げやすいと言われるけど、思ってたより難しいなぁ…。投げれるようになってインコースをもっと攻めたいけど…投げ方にコツがあるのかな?』

 

 

こんな悩みに答えます。

 

 

本記事の内容

 

  • シュートの握り方
  • シュートの投げ方

 

私は大学生の時にクラブチームに入っており、その時の監督に『シュートを覚えろ!』と言われてから投げれるように練習をしました。

 

 

そして、シュートを投げるようになってから右バッターが嫌がったり、インコースを意識するような反応をするようになり、打ち取りやすくなったのを覚えています。

 

 

今になって思うことは…

 

サイドスローでインコースをガンガン攻められるとマジでやっかい

 

ということです。

 

 

そこで今回は、『サイドスローでシュートを投げる方法』についてわかりやすく解説していこうと思います。

 

 

『シュートを完璧に投げれるようになってやる!』っていう方は、記事をご覧ください。

 

 

シュートを投げる手順

 

f:id:epsboy:20190913055851j:image

 

  • ①:シュートの握り方
  • ②:シュートの投げ方

 

①から順に解説していきます。

 

 

①:シュートの握り方

 

f:id:epsboy:20190913055928j:image

 

シュートの握り方は、ツーシームの握りを基本とします。

そしてツーシームよりも変化量を大きくし、なるべく球速を落とさないように握りを少し変更します。

 

f:id:epsboy:20190913055946j:image

 

f:id:epsboy:20190913055955j:image

 

f:id:epsboy:20190913055959j:image

 

変更するポイントは2つです。

 

 

  • ①:人差し指と中指の左側に縫い目を当てるように少しずらす。
  • ②:ストレートとおなじくらい浅く握る。

 

※左ピッチャーの場合、ポイント①は指を縫い目の右側に当てるようにずらします。

 

 

✔️変更ポイントの理由と狙いを解説します

 

 

上記した握り方を変更する理由と狙いは次の通りです。

 

 

  • ①の理由と狙い:回転をつけやすくする。
  • ②の理由と狙い:球速を維持する。

 

 

①の場所に人差し指と中指を置くと、リリースの時に指が縫い目にかかるので、ボールに回転がかかりやすくなります。

 

 

ストレートとおなじように浅く握ることで、なるべく球速を落とさないようにします。

変化量も大切ですが、ストレートと見分けがつかないようにすることを優先しましょう。

 

 

②:シュートの投げ方

 

f:id:epsboy:20190913061023j:image

 

シュートの投げ方のポイントは3つです。

 

 

  • ①:腕は絶対にひねらない。
  • ②:投げる前は手のひらは内側を向ける。
  • ③:リリースの時に手のひらはまっすぐ向ける。

 

 

昔テレビで、西本聖投手と川崎憲次郎投手が②と③の腕の動きでシュートを投げると解説されていました。

 

 

②と③の腕の動きでボールにシュート回転をかけるので、腕は絶対にひねってはいけないと話されていました。

 

 

✔さらに詳しいシュートの投げ方についての参考書籍をまとめておきます。

 

 

 

 

 

 

 
まとめ:サイドスローでシュートが投げれる方法
 

f:id:epsboy:20190913061030j:image
 
記事のポイントをまとめます。
 
 

  • 握り方はツーシームの形から変化量を大きく、球速を落とさないようにする。
  • 投げる前は手のひらは内側。
  • リリースの時は手のひらはまっすぐ向ける。
  • 絶対に腕はひねらない。

 

 

こんな感じです。

 

 
サイドスローのシュートの握り方と投げ方を簡単にまとめてみました。
 
 
シュートでインコースをどんどん攻めることで、バッターは

 

 

  • ホームベースから少し離れて立つ
  • 体の開きを少し早くして打つ

 

 

といった対策をしてくると思います。

 

 

そうなったら、スライダーやカーブなどの外に逃げるボールがより有効になります。

 

 

横の変化で勝負するサイドスローのピッチャーにとっては、ぜひ覚えたい変化球ですね!

 

 

今回は以上です。

 

 

 ↓ ブログ村ランキングに参加中

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村